ピアノ買取 豆知識

粗大ごみ?買取?ピアノを処分する方法

投稿日:2016年1月14日 更新日:

誰も弾かなくなって置き物になってしまったピアノ。
そんなピアノを処分するには、大きく分けて2つの方法があります。

ひとつは不用品回収の業者に引き取ってもらう方法。

もうひとつはピアノ買取の専門業者に買い取ってもらう方法です。

どちらも業者さんにお願いするという点は同じなのですが、ピアノの処分でお金を払うか、お金をもらうかの大きな違いがあるのです。

粗大ごみとして不用品回収の業者に依頼する

不要になったピアノを粗大ゴミとして捨てるのは勿体ない気がしますが、実際にその方法で処分される方は結構いるようです。

その人たちの多くは、ピアノを買い取ってもらえることを自体を知らない人がほとんどなんです。

いざ不用品回収の業者に相談しても、東京都などの自治体が運営する粗大ごみ収集処分サービスではピアノは対象外となっています。
粗大ごみとしては大きすぎたり、ピアノ線の処理などは専門的な作業となるためです。

ですので、地域ごとの粗大ごみ回収業者(一般廃棄物収集運搬業者)を自分で探して依頼する必要があるので大変ですね。

もちろん、不用品回収の業者に引き取ってもらってもよいのですが、その方法には1つデメリットがあります。

それは、処分をするために費用がかかってしまうからです。

自治体の不用品の回収業者は、それなりにコストがかかるため決して安くはありません。業者にもよりますが1万円前後は支払うことになります。

クレーンを使って運びださなければいけない場合などは、さらに運搬費の費用がかかってしまうのです。

ピアノ買取の専門業者に依頼する

不用品回収の業者だと処分にお金がかかってしまいますが、ピアノ買取業者に買い取ってもらえれば逆にお金がもらえるわけです。

買取の場合は不用品回収と違って、基本的に費用を支払うような事はありません。

よくあるケースとしては、引越しする際に買い取り業者から受け取ったお金を、引越し費用の足しにするというものです。

お金をもらって処分できる。それがピアノ買取業者に依頼する最大のメリットです。

ピアノを引き取ってもらう方法は、基本は出張となり、ピアノ買取業者が実際に依頼主の自宅まで来てピアノの状態を確認します。

そこで問題がなければ査定額で買い取ってもらえることになります。

まとめ

ピアノを処分するには、大きく分けて不用品回収の業者かピアノ買取の業者に依頼する選択肢があります。

せっかく売れるピアノをお金を払ってまで処分するのは本当に勿体無いですよね。

古くて調律もほとんどしてないから売れないだろうと思っているピアノでも意外といい値がつくものですよ。

不用品回収の業者に依頼する前に、一度ピアノ買取比較の一括査定サイトで買取額を調べてみてくださいね。

ピアノ買取を一括で最大5社に依頼できる比較サイト『ズバットピアノ買取』
1分ほどで登録できて、しかも完全無料なので私のおススメです♪

-ピアノ買取 豆知識

Copyright© ピアノ買取UP大作戦 , 2018 All Rights Reserved.