takakuuru

バブル期に作られた三本足ペダルの国産ピアノは中古でもかなり高値で売れています。

中国や東南アジアなどでは、品質の高い日本製のピアノはとても人気があるからです。
全国のピアノ買取業者が中古ピアノを買い取って調律とメンテナンスして輸出しています。

ピアノを買い取ってもらいたい場合、ほとんどの人に一生のうちに一度あるかないかだと思います。
思い入れのある大事なピアノ。

出来れば少しでも高く買い取ってもらいたい・・・

けれども、いざ買い取ってもらうためにピアノ買取業者に査定をお願いしたのに、

  • 思っていたよりかなり安く見積もられた
  • ピアノ代金とは別に出張費や運搬費を取られた
  • 売らないと断っても見積代を請求された

など悪質な業者とのトラブルに発展するようなケースもすごく多いんです。

悪徳業者の特徴 実際に見た後に査定額を下げてくる
初めはインターネットや電話での査定で高価な提示額をもらえます。
けれども、実際に訪問して現地査定すると、出張代や査定代などがかかると言ってくるのです。
さらに細かい傷がたくさんあると言ってきたり、付属品が揃っていないと言って提示額を下げるいった手口が常套手段のようです。

 

結果的に最初の提示額の半分で買い取られたなんてこともあるようなので、本当に気をつけないといけませんね。

 

そんな詐欺のような悪徳業者に引っかかることなく、大事なピアノを安心して買い取ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

幸い私のピアノを買い取ってもらった業者さんはとても良い対応をしてもらえましたが、いろいろと調べたり注意したりしました。
このサイトではそんなピアノをトラブルなくスムーズに売りたい方少しでも高く売りたいと思っている方に役立つ情報をご紹介しています。

一番ダメな売り方...初回提示額を鵜呑みにする

提示額が特別に高いと怪しい…

業者から最初に出てきた提示額だけで判断するのは危険ですので絶対にやめましょう。

 

理由は、他の業者よりも先に買い取りたいために最初は高めの金額を設定してくるからです。

 

通常、ピアノ査定は車やバイクの査定と違って、現物を見ないと査定できないということはありません。

ピアノによほど大きな傷や破損がない限り、インターネット査定や電話査定でピアノの「メーカー」と「型番」を伝えるだけで買取額が出てきます。
ピアノ買取業者は製造年代に応じて、それなりの傷は想定しています。

ちょっとした汚れや傷であればさほどマイナスになる事はありません。

 

ですが、悪質な業者は違います。

 

大したキズではなくても

 

「ここにも傷がありますね〜。」

「思ったより状態が悪いですね。」

 

などと言って査定額をマイナスしてしまうのです。

 

もし傷が無くても少しでも価値を下げようと「色がくすんでいる」のような難癖をつけてくることがあります。

 

悪質な業者は、インターネット査定や電話査定では他の買取業者よりも特別高めに見積もる傾向があるので注意が必要です。

そのような業者は、最初の提示額が高くても結果的には他の業者よりも買取額が安くなってしまうケースがほとんどなのです。

悪質な業者に騙されないために

査定額と運搬費が別だったなんて・・・査定額に運搬費が含まれていないことも!

他社より買取額が高額な場合...引取条件をしっかり確認する

複数の買取業者に査定してもらった後、一番高く提示してた業者に当然興味が湧きますよね。

そのときに、引取条件をしっかりと確認しましょう。

  • 査定費、出張費は無料かどうか?
  • 査定額に運搬費は含まれているかどうか?
  • もし買取を断っても請求されることはないか?

こういったことを事前に確かめておくことで後々のトラブルを避けることができます。

やりとりする業者が、少しでも怪しいと感じた場合はすぐに取引をキャンセルしましょう。

ピアノを高く買い取ってもらうための3つのポイント

買取額アップのポイント 調律は必要なし!業者が修理するので大丈夫

①ピアノの付属品が揃っているか確認しておく

ピアノの査定にはピアノ本体だけでなく、ピアノの付属品が全て揃っていることも査定額に影響を与えることがあります。

たとえば、ピアノの鍵盤カバーなどはピアノメーカーのロゴが入っていることが多く、純正の付属品があると好印象となります。

また、ピアノを置くための足(インシュレータ)がない場合は査定額に影響する場合もあるようです。

②査定前にピアノの綺麗にしておく

インターネットや電話で簡易査定をして最高額を付けてくれた買取業者に連絡をして、訪問査定を受けることになったら、ピアノをクリーニングして綺麗にしておきましょう。

埃だらけのピアノよりも綺麗な状態のピアノの方が印象が良いに決まっていますし、査定金額にも影響してくるようです。

やはり高い値段が付きやすいのは、大切に扱われてきた保管状態がよい綺麗なピアノなのですね。

③業者の提示している買取相場をあてにしない

買取業者のホームページで買取相場を掲載している場合も多いですが、買取相場一覧表をあてにしてはいけません

あくまで参考程度です。

大抵、実際の査定額より高めに設定されていることがほとんどです。

実際に訪問査定で最終提示を受けるまでいくらで買い取ってもらえるかわかりません。

どのピアノ買取業者が1番高く買い取ってくれる?

ピアノ買取一括査定サービスを利用して安心できる買取業者を見つけてくださいね♪

 

ピアノ以外にもいろいろ取り扱っているリサイクル系の業者よりも、ピアノ買取を専門に行っている業者の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

実際に私も近所のリサイクルショップでは値がつきませんでした。

 

さらに会社規模の小さい業者よりも大手の買取業者の方が高く売れるケースが多いようです。

 

ですが、大手でも広告費などに多額の費用をかけて、多売薄利になっている会社もあるようです。

実際にどの業者が1番高く買ってくれるかは問い合わせてみなければわかりません。

1番高く買い取ってくれる業者を探すには、ピアノ買取一括査定サービスがとても便利です。

一括見積はしつこい勧誘電話が心配...

一括見積は迷惑な勧誘電話が心配...

ピアノの買取に限ったことではありませんが、ネット社会の現代では色々な比較見積サイトが存在しています。

そして一括見積サイトのデメリットとして取り上げられているのが、買取業者によるしつこい勧誘電話です。

実際に私もピアノ買取ではないのですが、独身時代に引越しする機会があり、引越見積比較サイトをフォームから利用したことがあるのです。

フォームから問い合わせしたあと、30分もしない間に業者から何件も電話がかかってきてかなり迷惑な思いをしたことがあります。

 

私のおすすめするピアノ買取一括査定サイト「ズバットピアノ買取比較」には査定の依頼フォームに「希望連絡方法」という欄があります。

 

そこを「E-mail」にチェックを入れれば、メールのみの連絡になるので電話はかかってきません。

希望連絡方法の欄がある!

また、一旦電話OKとしても、問い合わせフォームで「電話による連絡停止希望」としても連絡すればあとから電話NGに変更することもできるのです。

あとから電話NGに変更できる!

買取業者からのしつこい勧誘電話を避けたい場合は、依頼フォームから連絡方法をメールにしておくとしつこい勧誘電話に悩まされる心配はありません。

 

空いた時間に査定額をメールでチェックするだけです。

 

ピアノの一括査定サイトは、いろんなサービスがありますが私が実際に利用したサービス「ズバットピアノ買取比較」が便利でした。

投稿日:

Copyright© ピアノ買取UP大作戦 , 2018 All Rights Reserved.